blog

2015/12/06 17:16

こんにちわ。雑貨 mag です。

突然ですが、昔から貯金箱といえば 「ブタ」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

よくアニメにも出てきますよね。豚の貯金箱。金づちで割らないと中身が取り出せなかったり。。と、そんなイメージが私たちの中に根付いているのかもしれませんが、実は世の中的に見ても豚の貯金箱ってものすごく多いんです。

理由は多々あるようですので、少しご紹介。

■世界で最初の貯金箱が「ブタ」だった。14世紀には貯金箱があったんですね。

■豚は昔から福を招く・お金が貯まる・・・といった、幸運の象徴とされていました。さらに一度に10匹前後の赤ちゃんを産むことから、数が増えるとも言われているようですね。

■18世紀のイギリスの職人の勘違いから生まれたなんて話もあります。
「ピッグで貯金箱を作って」と依頼を受けた職人が、ピッグを豚と勘違い!?
 pygg(中世の頃の陶器)と、pig(ブタ)で、確かにどちらもピッグですね。。

というように貯金箱=豚となっていったようですね。

そして、magでも取り扱いのある豚の貯金箱。アンティーク加工が施された鉄製のピギーバンクです。

-つぶらな瞳がかわいい Hams Standing Pig Bank-


ひと目で貯金箱と分かってしまうデザインが多いですが、これならおいておくだけでも、お部屋のインテリアになりますね。鉄製で重量もあるので、ブックスタンドとして使ってもかわいいですね。

玄関に置いて出迎えてもらえば、ポケットの小銭をついつい入れたくなっちゃいますので、知らないうちにお金が貯まっているかも!?

うしろ姿もくるんとかわいいしっぽがついていてかわいいデザインです。

-お金を取り出すときも割らなくてOK-

サイドにねじがついていますので、マイナスドライバーでくるくる。

すると、真っ二つに!少しかわいそうな気がしますが、お金を取り出さなくてはいけません。
お金を出したら、もとに戻してあげてくださいね。

※アンティーク加工の為、キズ・塗装のはがれ等の仕上げを施してあります。多少の傷や汚れなどは風合いとしてご了承下さい。

財布のひもが緩くなる12月。余った小銭は貯金してみてはいかがでしょうか。

こちらも宜しくお願いします。
ホームページ http://magetp.com